FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

漫画って難しいですね…。
と思います。

以下同人誌のあり方について。グダグダ。
大北のネームを描いていますがキャラ感情から書き起こしてるばっかりに、中々自分としては新しい領域のもので
たぶんわりと、道を逆走して所々つまづいた感じになっております…

たぶん、漫画としては二種類あると思うのです。
ストーリーありきのものと、そうでないもの。
両者はまったく考え方が違っていて、そして大抵の不特定多数の人は、
前者が「面白い」と感じるのだと思います。
たぶんね、イラストでいうところの「情報量が多ければ、豪華に見える」みたいな。
そんな単純で、簡単で、考えなしな感じなのです。尤も、厳密にいえば違いますけれど。

そして、前者の大前提が、つじつまが合っていて破たんが無い事。
つまりは、「ん?」と思われたり、「確認のためにページを戻ってしまう現象」が一切ない事です。
イラストでいうところの、「デッサンができていない」「線画が雑」みたいなもんです。
ただ、後者は必ずしも辻褄は必要ではないのです。
そして同人誌は、(権利的にNGな事とかを除けば)基本何を描いてもいい、という縛られない領域。
連載や商業紙とは関係なく、自由に描く事ができ、出すことができます。
何を描いたとしても、作者がそうだといえば、そうなるし、それが良しとなるのです。

もちろん、辻褄があっていて台詞も呼応しており、
それで面白い、と思えるのならば、そういう漫画がいいのかもしれません。確かに、破たんがなければ
そのぶん読みやすくなります。

ただ、私のやりたいことはそうではないんです。
「面白い漫画」が描きたいわけではないんです。
ずっと思っていた事なのかもしれません。
書き手のわがままという事はわかっています。それでも、描きたいものは、
たぶん、辻褄で雁字搦めに固まった世界ではないのだと、そういうふうに私の頭が理解しています。
同人誌は自由にものが描けるので、たぶん、自分が描きたいものを何処まで出し、どこまでを読み手に
楽に読ませるかと事は、私が最初から決めなければいけないことだったんです。

私が同人誌を買う理由を考えてみました。
「その人の絵が好きだから」「その人の話の雰囲気が好きだから」「ただ単に資料としてほしいから」
「なんとなく絵柄が良いなと思ったから」等ですが…。

つまり雰囲気を楽しみたいのと、見ているだけで幸せだと思う絵を、ただ何度も見て、見返したいだけ
というのが強いです。自分でも非常にイラスト脳だと思います。極端にいえば、話は半分くらいはどうだっていい。
そういう漫画を出すという事は、読み手にとっては不親切だろうなぁ、と思います。
でも、他の方の同人誌を改めてそういう「読みやすいか、辻褄があうか」意識で読んだところで、
破たんはそれこそたくさんあるんです。追求する事は疲れるだけです(前も映画の話をしてましたが)。
でもそういう話だからこそ、雰囲気が楽しめて、自分で何度も読み返して、ここはこうなのかなああなのかなとか
キャラ愛で補正して考えながら何度もその人の世界に浸り、読み返すことができます。そういうことは、
台詞とか辻褄だけを見れば読みにくいですけれど、嫌いではないんです。むしろ心地いい、と感じることさえあります。

たぶん、そういうことは、普段「面白い漫画、起承転結ちゃんとした、盛り上がりのあるストーリーを描きたい!」
と思っている人には理解されないと思います。
「なぜ、このキャラはこう思っているのか?」「なぜこのセリフなのか?」「なぜここは辻褄が合わないのか?」「なぜ?」が多すぎて、
湧き出る疑問が雰囲気に勝てなくなって、不快感が残るからです。そして最終的に、
「こういう事はちゃんと辻褄をあわせるべきでしょうが!」と思ってしまいます。たぶんね。だって私も映画で見る側に
立ったとき、全く以てそうでしたから。何が言いたいのか、わからない。破綻していて面白くない。そう思いました。
そしてそういう人はそういう事を知っているゆえに、自分が「面白くなるように考えて考えて」描いた漫画を人に「辻褄があっていない」と突っ込まれた場合に、…反論したくなるのでしょうね。

不思議ですね。たぶん作品の知識のない人が面白いって思う時、辻褄が合っていることは大前提なのかもしれません。
そう言いたい気持ちもすごくよく分かるつもりです。

今回描いている大北は、大北を全く知らない人から見れば、よく分からない話かもしれません。
申し訳ない事ですが…。
(まあ、大北好きではない人が球磨型のスペースまで来て大北本を買う事はないかもしれませんけれど)
一番良い事は、辻褄を押さえつつ感情表現が出来る、という事なのでしょうけれど、
普段イラストという、言葉も話もない違う領域に住んでるので、すごくそのあたりが難しいです。非常に申し訳ない事です。
それが、私があまり漫画を描かない理由の一つでもあります。
完全に私見ですがプロの方でも、それを表現できないのか、或は故意にしていない人は結構います。

ただ二次創作の同人誌は、同人界とは縁のない一般人を含め不特定多数の方に見てもらう映画や、漫画雑誌のようなものではなく、
ある程度ジャンルとキャラを知っていて、私の絵を知っていて買いに来る人がまずたぶん大多数、
あとは気になるキャラのあたりで適当に回ってる時に見てくださる人が残り、という感じで
一般公開される物よりも、かなり受け手が限定されています。
だから「不特定多数に見てもらう」のだから、という意識は無くても出せますし、そういう意識がない本でも
受け手が「この人が好きだからと思えば」「何かしら気に入れば」「買いたいと思えば」買う方もいるのでしょう。そして私も例に漏れないのです。
特に「この人の絵や雰囲気が好きだから欲しい」という部分「だけ」ある場合は、
その方が何を描いていようが、「この人の絵が好き」で、「この人のこの絵柄」
であることが気に入れば、例え自分が知らないジャンルでも、即買いすることだってあります。
そういう時、極端な話とくに辻褄が合っている必要性がないのです。
合っていてもあっていなくても、好きなものは好きで、欲しいものは欲しいのですから。見てみたいな、と思うのですから。
二次創作はそういう意味では、書き手も特殊なら、受け手もまた特殊なんです。そして受け手がどう思うかという事は、書き手にとっては本で出してみなければおそらく全くわかりません。

もちろん、受け手も自由なので「もうこの人の絵柄は好きではないな」とか、「もうこの人の話はいいな」と思えば、見限る事が
あるでしょう。私の本だって、「もういいや」と思われたのでしたら、知り合いでもそうでなくても、どうぞ躊躇いなく手放して下さって構いません。
会場で買いたくなければ勿論買わなくていいんです。パラパラっと見たいというだけなら、(他のスペースの方にご迷惑をおかけしない範囲なら)それでも全く構わないのです。
(それでも見てくださる方がいるという事でしたら、また描くかもしれませんけれど。笑)
同人は自由な場所です。書き手が自由に描ける、という事は、受け手が、書き手の世界ややり方に、どこまでついて行けるか。
「好きだから」で、どこまで補正・許容できるか。同時にそういう問題でもあるんだと思います。そして書き手のやり方に、賛同する人が増えれば、その人は晴れて同人大手になるのでしょうね…。

私の場合はどうかというと、考えましたがやはり、今回の話は冒頭の後者にあたるわけで、
大変な博打みたいなものだと考えています。
ひと思いに悪くいってしまえば、大北および百合が好きで堪らず、かつ私の絵柄を受け入れて下さる方でなければ
理解に苦しむ漫画になっているかもしれません。
でも、辻褄に雁字搦めにされ、ストーリー性が高く、不特定多数の人が「面白い」と思える漫画を
描きたいかと言われれば、そうとは違うと、今は思います。自己満足だと、紙にする必要がどこにあるかWEBでいいではないかと、言われるのかもしれません。
それは、「他人の面白い漫画」は見てみたい漫画ではありますが…、(笑) 
世間に認められる「面白い漫画」は自分が描きたい漫画とはイコールではありません。
そういうイコールではない作品も頒布でき、許容されうる、という事が、同人界の大きな特徴のように思います。
同人ならでは、どんな方向の作品があってもいいのではないでしょうか。
それで食べていくわけでも、連載していくわけでもなく、ただの私の少しだけの自己満足です。
基準はみんな違います。それに只々臆していては本末転倒というものです。

願わくば、基準の近い方々や、私の絵を気に入って頂けている方々に、見てみたいかな~~と少しでも思って頂ければ。
そして本だなの隅っこにでもおいて頂ければ、それだけでたいへんに有り難い事です。
それなので大北本はサイズも経済的にも頒布量も、そして頒布値段も、冬コミとは180度違い、小さくする予定…です。
引き続き原稿頑張ります。

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ume

Author:ume
まったり屋ですが
どうぞよろしく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。