FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日暑くて溶けそうです・・。うん

Pixivのこととか プロイラストレータのこととか 持込のこととか 絵仕事とか
自分なりに色々考えていました。。

以下愚痴。
※ 気分を害すかもしれないですよ。



自分はほんと、絵を描くのには波はあるし、やる気もないし、なんかやる気のある人と比べたら、絵描く資格もないし、実際そんなに上手くないですし。

ただかわいい女の子が書きたい、アニメならアニメに寄せた女の子が書きたいって思うくらいで
なんか、改めて何も、とりえがないなーって思います。

イラストレーターになって、「個性ある」自分の絵を売り出したいわけでもない。(でもイラストは描きたい、かもしれない)
漫画を描いて漫画家になりたいわけでもない。(でも4コマは楽しそう、とかは思う)
アニメーターになってとにかく動かしたいわけでもない。(でも自主制作くらいなら、自分にも出来そうって思う)
バカみたいに優柔不断です。

高校生のときに、絵を見限った自分が居ます。
絵では食べていけない。絵なんか趣味でいい。そう決め付けたバカな自分が、
今の中途半端な自分を、多分形成しているのでしょう。

絵意外になにもできないくせに。絵でさえ、上手くかけないくせに。なんとかなるって思ってもがいて頑張って、それでなんとか仕事見つけて頑張ったふりをして挫折して、結局何も出来ずじまい。

正直私なんて、生まれてきた意味なんてなかったって思います。

でも死ねないんです、なんとか世の中に挟まって生きていかなきゃいけないんです、
どうしようもないです。絵なんか、描かなければよかったと思うくらいです。

ピクシブはたぶん、たぶんですけど、
二次創作の、しかもプロじゃない人にとって一番都合いい場所なんです。
勿論なかにはプロもいますが、そういう人は桁違いで扱いが違う。
本当に上手い人だったら、ピクシブという枠に入り浸っていませんし、本気でプロになるならピクシブからは離れていくでしょう。そして本来の実力である、「オリジナル」という要素で、成長していかれるんだと思う。
でも二次創作は、一次創作あってのものですから、すでにある「オリジナル要素」は要らないと思うんです。
オリジナル要素 プラス オリジナル以外の何を入れるか、というのが問題なのであり、それは「絵」でのオリジナル要素という意味ではありません。
例えばシチュエーションであったり、絡みであったり、そういうのが受ける場所なんじゃないかなと。
だから例えば、個性溢れるプロが、自分の絵柄で二次創作をしているのを見ると、正直理解出来ません。それは「その人だけの絵」になってしまって、「もともとのオリジナル」を、ほぼ潰しているから。生かすのではなく潰しているという気がしてなりません。私は生かす能力がないと解釈してしまいます。本当に、絵の描けない私の勝手な言い分ですけど。例えば、アニメのキャラクターデザインが出来る人は、それこそ「生かす」ことができているのですから。

だからこそ、一次のオリジナルを活かせる人たちが「プロに近い絵を描く人」=すごい人 「二次シチュエーションの汲み取りが上手い」=すごい人 みたいな誤認?が生まれ、順位が決まる原因だと思うのですよね。
本当のプロではない人が多いからこそ、よりプロに近い人が一番の話題となり、本来のプロは、二次で上手く活躍する人しか順位は上に行かないと思います。あくまで推測だし例外の人もいるでしょうけど。

私はランカーと呼べるかわかりませんし、むしろ絵がピクシブのランカーかランカーでないかで上手いか上手くないか決まるなんて微塵も思っていませんが、
少なくとも私にとっては居心地いい場所。だって見てくれる人が少なからずいるって分かるんですから。
本当に豆腐メンタルの考え方です。依存してる。

変わったほうがいいのでしょうか。
例えば今あるピクシブIDを抹消して。
例えばHPを変えて。
それとも、絵を描く事はもうやめにして。

今はまだそれが、分かりません。

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

ume

Author:ume
まったり屋ですが
どうぞよろしく。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。